クレンジングってたくさんあるけど、どれがいい?!

 

クレンジングをする人

 

メイク落としで一番いいクレンジングは人それぞれのため、
これがいい!とジャッジすることは難しいです。

 

ですが、

 

  • メイク落とし、よく落ちるのはいいけど、お肌のダメージが気になる!
  • 逆にダメージは少ないけど、メイクが落ちない・・・

 

つまり、

 

よく落ちる&肌に優しいクレンジングは、誰もが望むものではないでしょうか?

 

今回は、おすすめのメイク落とし(クレンジング)を以下のポイントに絞ってご紹介します。

 

刺激が強すぎない

 

クレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク

 

※オイルが最も強い

 

そのため、当サイトでは、リキッド、ジェル、クリームをあたりを中心にご紹介します。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

返金保証あり!

 

いくら人気があるクレンジングだとして、あなたのお肌に合うとは限りません。

 

そのため、返金保証ありのクレンジングを紹介します。
※すべてのクレンジングに返金保証があるわけではないです

 

上記のポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

 

おすすめ!クレンジングランキング

 

 

アテニア※オイルタイプ

 



 

  • 返金保証:14日間の返金保証
  • 内容量:175ml/2か月分

    ※ドレスリフトローションは30ml(14日分

  • 初回限定:1,836円

 

 

 

大人特有の悩み「肌のくすみ」の原因の1つである「肌ステイン」に着目し、
メイクを落とすだけでなく「肌ステイン」を分解除去して肌色を明るくする 革新的なクレンジングオイルです。

 

>>【スキンクリア クレンズ オイル】はこちら

 

 

ファンケル マイルドクレンジングオイル

 

マイルドクレンジングオイル

 

  • 返金保証:無期限返品保証
  • 内容量:60ml/30回分
  • 初回限定:500円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

まつエク&濡れた手でOK!のファンケル マイルドクレンジングオイル!

 

無添加で初回500円とかなりお手頃なので、試す価値はあります!

 

 

デメリットは?

 

量がちょっと物足りないですね(汗)

 

 

【マイルドクレンジングオイル 公式サイト】
→http://www.fancl.co.jp/

 

 

マナラホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

 

【マナラ 公式サイト】
→https://www.manara.jp/

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

プレミアアンチエイジング

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

【DUOザクレンジング 公式サイト】
→https://cp.duo.jp

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル

 

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

【フィトリフト 公式サイト】
→http://www.phytolift.jp/s

 

ビオルガ クレンジング

 

ビオルガクレンジング

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150g/1か月〜1.5か月
  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:3,990円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
必要

 

ビオルガ クレンジングは8種類の和漢植物の力でポカポカと暖かくなる、新感覚のクレンジングジェルです。

 

カンゾウ、キハダ、どくだみなど和漢植物にお肌の質感をしっかりケアしてくれます。

 

 

デメリットは?

 

返金保証なし

 

 

【ビオルガ クレンジング 公式サイト】
→https://shop.belleeau.jpト

 

 

基礎!クレンジングの種類を解説

 

クレンジングの疑問を解説する人

 

クレンジングリキッドのメリット・デメリット

 

クレンジングリキッドは、オイルタイプのクレンジングについで洗浄力が高いと言われています。

 

まずメリットですが、クレンジングリキッドは簡単には落としにくい日焼け止めとかリキッドファンデーションなども簡単に落とすことができます。濃いメイクをいつもしている人にすごく向いています。また、クレンジングリキッドは、油分が少ないのでニキビを悪化させにくいというメリットもあります。そのため、ニキビが多くできて悩んでいる人にも向いています。そのほかにもまつ毛エクステの接着剤は油分に弱いので、まつげエクステをしている人にも向いています。

 

クレンジングリキッドのデメリットですが、濃いメイクを落とすことができる分どうしても肌への負担は大きくなっています。そのため、敏感肌の人は特に肌が荒れてしまったりします。また乾燥肌の人も余計カサカサになりやすくなります。メイクが簡単に落ちるというメリットはありますが、肌に負担がかかり肌が荒れてしまうことがあるので注意が必要です。クレンジングリキッドにはいい面や悪い面があるので、自分に合うかどうかきちんと判断をして継続するかどうか決めることが大事です。

 

 

クレンジングジェルのメリット・デメリット

 

クレンジングジェルの特徴を見抜いていれば、トラブルを招く原因を回避したり、性質を上手く生かせます。

 

〇メリットとして

 

・保湿成分をたくさん配分していますから、余分な皮脂や角質を溶解させずに済むのが一つのメリットです。一般的なクレンジングは皮脂を余分に取りすぎて、乾燥を誘発させます。

 

・クレンジングパックに使えるのもポイントです。頑固な毛穴詰まりを解決させるためにも使えますが、洗顔後に適量のジェルを顔にまんべんなく塗り、5分放置します。その後に洗い流せばくすみは取れて、皮膚がワントーンは明るくなります。

 

・液垂れはしません。リキッドタイプとは違って、肌に留まりやすく目に入ってしまったり、誤って口の中に入れることもないです。質感が固めで安定しています。

 

×デメリットとして

 

その1.汚れを落とすクレンジングとして、機能を果たさない製品があります。保湿成分を配合することにこだわり、洗浄成分を製品中に10%すら入れないのは問題です。化学物質の溶解力とパパインなどの酵素分解では次元が違います。

 

その2.汚れが落ち切らずに中途半端に垢と混ざる恐れがあります。逆に刺激を与えて炎症を成立させるのはデメリットです。

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

 

クレンジングオイルとはオイル状のクレンジング料で、伸びが良くなめらかなテクスチャーが特徴です。主成分は油分で、さらに保湿成分や界面活性剤などが配合されています。手や顔が濡れたままで使えるものも多いです。

 

オイルクレンジングの一番大きなメリットは汚れ落ちの良さです。たっぷり重ねたウォータープルーフマスカラや落ちにくい口紅なども一度ですっきりと短い時間で洗い流すことができます。それは化粧品のほとんどが油主体でできているからで、化粧品とクレンジングオイルは油同士だから馴染みが良いのです。

 

その一方デメリットとしては、洗浄力が高いがゆえに肌に必要なうるおいまで奪ってしまう点があります。脱脂力も強いので、オイルクレンジングの後に洗顔料も使うようなダブル洗顔を毎日続けていると肌の乾燥が進み、年齢以上の老化を招く恐れがあります。一般的にクレンジングオイルにはオイルのほかに界面活性剤なども含まれているため、肌に負担が掛かりやすく敏感肌や乾燥肌の方にはおすすめできません。

 

オイルクレンジングはしっかりメイクをした日や週に一度の角栓ケアなどにとどめ、日常的にはオイルほど脱脂力の強くないジェルやクリームなどを使うことをおすすめします。

 

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

 

クレンジングクリームのメリットは何かというと、まず肌への刺激が少ないという点です。

 

オイル型のクレンジング剤を使用すると、メイクを溶かして浮き上がらしてくれるので良く落ちます。

 

しかしオイル型は洗う時に肌に摩擦が加わってしまう為肌が弱い人には向いていません。

 

しかしクレンジングクリームはオイル成分の量が少なく粘り気があり適度な固さがある為、洗っている時もそれらが肌のクッション役になってくれて、肌が弱い人でも摩擦による刺激を心配する事無くメイクを落とす事が出来ます。

 

またクレンジングクリームにはオイル成分が含まれているので洗いあがりもしっとりとした感じで、肌に必要な保湿成分を残してくれるので保湿もする事が出来ます。

 

一方クレンジングクリームにはデメリットもあります。オイル型のクレンジング剤に比べると油分の配分量が少ないので洗浄力が弱くメイクの落ちがあまり良くないという点です。

 

その為1回ではメイクを全て落としきる事が出来ずに何回か洗顔をする必要があるので少し面倒くさいです。

 

またクリームなのでオイル型に比べても多少ベタベタしているという点もデメリットという事が出来ます。

 

さらにアイメイクや、日焼け止めクリーム等を落とす洗浄力は弱い為、この場合も何回か洗顔をしなければならないという点もあります。

 

 

化粧品の基礎をご紹介

 

化粧水の役割を解説!

 

洗顔をした後やお風呂上りなど、肌の水分が利用する際に化粧水を利用して保湿をします。

 

肌から失われた水分を保湿するイメージの強い化粧水ですが、実はその他にも様々な役割があります。化粧水には肌の調子をきめ細やかに整えてくれますので、ファンデーションのノリを良くしてくれます。

 

また、油分が含まれたクリームを馴染みやすくしてくれますので洗顔やお風呂上りの際に失われた肌の油分を整えてくれます。化粧水で肌をしっかりと潤すことによって、肌のバリア機能を高めることにより肌トラブルや乾燥から守ってくれる役割があります。

 

化粧水には肌に嬉しい効果がたくさんありますので、良い効果を取り入れるためにも成分に注目をすることが大切です。化粧水の成分によって効果は異なりますので、美白意識が高い方には美白成分が多く含まれたものがおすすめです。

 

肌の乾燥が気になる方には肌に潤いをもたらしてくれる成分の他に、セラミドやヒアルロン酸が含まれているものがおすすめです。化粧品の主な効果には毛穴を開かせることによって肌が潤い、化粧品の効果を良くしてくれる役割があります。化粧水の種類には様々なタイプがありますので、肌に有効な成分が含まれたものを選びましょう。

 

 

 

 

"